こんにちは。
衝撃情報商材感想レポーターのShinです。

みなさまの清き1クリック、いつも感謝しております。
カチッカチッとクリックしていただければ、最高の励みになります。
人気blogランキングへ
鬼ブログランキングへ


よく、ブログを運営していると、ちょっとしたカスタマイズを自分でも出来るようになりたいと、思うようになる方が多いと聞きます。

果たして、ブログカスタマズって実際簡単なのでしょうか?

その必要は?

その辺りを取り上げながら、Webデザイナーでもある私の考えをまとめてみました。
CSS(カスケードスタイルシート)は、簡単に言ってしまえば、サイトの見栄えの部分の調整役ですね。

本来は、普通のホームページのフォントのサイズや行間、色程度の制御に使うのがいいところでした。

しかし、ブログはCMS(コンテンツマネジメントシステム)の1種で、サイトの半自動更新システムでもありまして、ブログのレイアウトは、フルCSSに近いですね。

仕組みとしては、サイトの本体ファイルであるHTML上での記述をより少なくして、レイアウト的な指定は、外部ファイルであるCSSファイルに集約させているような構成になっております。

これで、1つのCSSファイルにすべてのページが繋がっているわけですから、1つ修正すればすべてのページが一気に変わるわけですね。
効率もよいというわけです。

あとこの構成が、実はSEOにブログが有利である理由の1つでもあります。
本体ファイルはシンプルな構成のほうがよいので、SEOにはいい条件になっているんですね。

その反面、、CSS命みたいになるので、カスタマイズはちょっと大変に感じるのだと思います。

実際指定は、一度覚えてしまうとそれほど難しくはないのですが、本体のHTMLテンプレートと独立しているので、作業が手間なのと、なによりCSSも暗号みたいなイメージに感じるとも思いますので、おっくうになってしまいますよね。

カスタマイズとなると、普通のホームページよりある意味大変かも知れません。
あとレイアウトの自由度も低いですね。
なので、多くを求めると、あちこちで、ガタがきます。

そんな意外とやっかいに感じるCSSのカスタマイズ…

果たして必須なのだろうか?


私の考えとしては、必要と感じたときに覚えればよいと思っています。
既製のもので済むのなら、それが安全ですし、楽です。

サイトに、見栄えの部分でどうしてもオリジナル性を持たせたいとか、MT(ムーバブルタイプ)での運用を検討するときでもまた考えればよいのではないでしょうか?

実際私は、どうしても、あーしたい、こうしたいと思い、カスタマイズにはまってしまいがちなんですが、それが利益や成果に直結するかというと、疑問ですよね。

かえって無駄な時間なのかも知れません。

しかし、そうはいっても、カスタマイズの必要性を感じることもあるでしょう。

無料のサービスでは不要でも、MTでのサイト運営ならば特に身近に必要性を感じるかと思います。

そこで次回は、簡単にですが、CSSのイメージが掴みやすい(かも知れない?)考え方をお伝えいたします。

あまり、他では伝えられていないような内容だと思いますよ。

(めずらしく2部構成です)