ブログネタ
インターネットビジネス に参加中!
前々回より、SEOに有利なサイトのHTML構文の部分に関する事を
お伝えしております。
(詳細はいきさつは、前回、前々回記事を参照してみてください)

今回はHタグについて参りたいと思います。
Hタグも、SEO的には重要なタグです。

しかし、記述する順番や、数に気をつける必要があると思います。

まず、サイトのタイトル、主に表示部分の最初の
ヘッダー部分に入るタイトルですが、
私は、ブログ、HPに関わらず、必ず、<h1>タグを使います。

<h1>メインキーワードを含んだタイトル</h1>

という具合です。

サイトの種類によっては、サイト名は画像扱いにして、
テキストのタイトルは、下や横へ、小さく入れて、
<title>タグに入れた文章と同じか、近いものにする時もあります。

通常はメインキーワードとサブキーワードを組み合わせたタイトルで行きます。


次に、サイトの特徴や、説明文には <h2> タグを使います。

もちろん、ここにもメインキーワード、サブキーワードを多彩に入れるよう工夫します。
ここでも、出だしは、メインキーワードです。

そして、次に <h3> ですが、
これは私は使う時と使わない時があります。

これは両パターンで、実験の意味もあってのことです。

ちなみに使わない時は、各カテゴリー名や記事タイトルは、
必ず <strong> タグで囲みます。

<strong>タイトル</strong>

こんな感じです。

リンクを貼る場合は、リンクタグの内側です。

つまり、<strong> タグより内側には
いっさい他のタグが入らないようにします。

内側に入ってしまうと、検索エンジンが、
重要な言葉として、認識してくれない可能性があるということです。

<h3> を使う場合ですが、
これは、カラム構成によって付け方を変えています。

ここの部分は、なんとも言えないところですが、
SEO上、重要タグはHTML構成の前のほうに来たほうが有利ということを
考慮してのことです。

2カラムで左側にメニューが並ぶ構成では、
各カテゴリ名に付けます。

2カラムで右側にメニューが並ぶ構成では、
各記事が左側に来ますので、各記事のタイトルを
<h3> としています。

3カラムですが、私の場合、3カラムの場合は、
必ず左側にカテゴリを持ってくるように構成しますので、
各カテゴリ名に付けます。

それ以降は、確か、<h6>まで、関連付けることが、
できるのですが、私は、使用していません。
ここまでやればよいのではないかとの勝手な判断ですが…

これらがどれぐらい効果として変わってくるのかは、
実のところ、まだはっきりと違いを把握できていないのですが、
どのやり方でも一応に有効であると思っておりますし、
上々な結果が出ております。

ちなみにHタグを使用する数ですが、
このように学んでおります。

<h1> は、1ページの中で1箇所にする(ブログ・サイトタイトル等)

<h2> も同様、1ページ内で1箇所(ブログ・サイト説明等)

<h3> は、1ページ内で複数可(重要な、見出しや項目等)

それ以降は、本文等の中の重要視されるキーワード等に使うのが適切でしょうが、
私は、<strong> タグにしています。

あくまでも私が学んだ使い方です。

※上記での使い方が適切ではないという場合にはコメント等で、
ご指摘いただけると幸いです。

あとは、本文のなかでメイン、サブのキーワードを自然に散りばめると
良いと思います。

説明ではちょっと理解が難しいかもしれませんが、
これらをするしないでは、結構結果に差が出てくると思います。

ただし、最低限、多くのキーワードを含んだ文章で、
訪問者に有益な情報が掲載されたブログ・サイトを構成してゆくことが、
最後まで生き残るのではないでしょうか。


インターネットビジネス - livedoor Blog 共通テーマ