さて、もうご周知でしょうけれど、

先月5月末、オーバーチュアが、
キーワードアドバイスツールの正式サポートの終了を
発表しましたね。

キーワードアドバイスツールのサポートを終了

2007年5月25日 キーワードアドバイスツール正式サポート終了のお知らせ

これはネットビジネス界では大きな変動の1つ
ということは、間違いないでしょう。

今回はそのいきさつや、今後どうするか?
といったことなどをまとめてみました。
キーワードアドバイスツールは、
元々PPC広告主向けに開発されたツールとして、
提供を始めたらしいですが、
広告主とは関係ない、ネットでビジネスをする個人、
企業、ショップなどで幅広く利用され、
いつのまにか全般を対象にされたツールみたいに
なっていったわけですね。

起業家でSEOに長けているcj中嶋さんは、
レポートか音声かちょっと忘れてしまいましたが、
以下のようなことを言っていました。

考えてみれば、オーバーチュアからしてみれば、
広告主の利益の手助けをするために提供したものなのに、
インターネットの普及とともに、
目的以外の使われ方になっていった…
今回のような変更については、不思議はない…



なるほど、そういうことなんですね。

ただし、新スポンサードサーチの公開により、
広告主の管理画面内で、新たな仕様で、
提供をするような感じですね。

上記発表ページにて、

"予測機能を備えた内部ツールをご活用いただければ幸いです。"

と記載されています。

でも月間検索件数は見ることはできないようです。

真実は定かではないですが、5段階程度の大雑把な、バーで表示とか?
ちょっとGoogleのような感じで提供される可能性がありそうなことを
言っている記事をどこかで読みました。

お詳しい方、是非コメントいただけるとうれしいです。

では今やっておくべきことはなにか?
ということですが、まずは、興味のあるキーワードとサブキーワードを
調べて、コピペしてとっておくことをしましょう…

ということがひとついえますね。

あと、できれば、スポンサードサーチへ入会しておくのも手です。
(登録だけではなく利用しなきゃだめなのかも知れません)

私は、以前利用したことがあり、今は出稿はしていない状況です。
まだ少しポイントが残っているような状況です。

しかし、現在は、今までの広告主を現スポンサードサーチから、
新スポンサードサーチへの移行期間中で、
順番でその移行作業の案内をしているような状況ですね。

もしかしたら新規登録にはしばらく時間がかかるかも知れません。
(これは推測です…定かではないです)

私のところには、今のところまだ案内は来ていません。

あと、これを"ピンチ"ととる"チャンス"ととるか…

ですが、私は、チャンスと取っておきます。

正直、根拠が今ひとつ確率できないところが(汗!)ですが、
必ず、また今までとは違う、需要の見極め方など、
ノウハウが出てくるはずです。

自分で追求してもいい。

ですので、やはり普段から、
広くアンテナ張っておくことを心がけましょう。

情報は"ナマもの"ですからね。

特にネットビジネス界は、鮮度保有期間は短いです。

いや、ほんとに…