ブログネタ
インターネットビジネスを考える に参加中!
トラックバックについてですが、
これにはいろいろと皆さん考え方が違うと思います。

私の場合は、もちろん肯定派ですが、
今回の内容は否定的な意見の方も多いかもしれません。

それを承知で行きたいと思います。

タイトルのとおり、私はトラックバックされる側にも
メリットがあると思っています。

前は違いましたが、今はそう思っています。

但し、ネットビジネス系のブログだと微妙です。

今回は、そのあたりの理由を中心に参りたいと思います。
(長いので、面倒ならばスルーしてくださいね)
トラックバックはSEO的に、まだ効く、効かない…
といったいろいろな噂が流れていますが、
私的には、効くと思っています。

但し、ブログサービスによっては
被リンクとしてカウントしないタグが
標準で入ってしまうところもありますので、
そういう場合は少なくとも、トラックバック"する側"には
無効といえるでしょう。

そしてとにかくトラックバックされるのを、
私は大歓迎なんです。

(但し、ある程度関連性のある記事というのが条件ですが…)

なぜかというと、自分の記事で、覚えがないキーワードで、
そのページにアクセスがある、ということがたまにあるからです。

その原因を探ると、トラックバックされたときに表示されている
文章内に含まれるキーワードだったりするんですよね。

ブログを日々更新されているオーナーの方は
ご経験があるかとも思うので、この現象は
ご周知のことかとも思います。

トラックバックは記事の下のほうに
表示されるブログがほとんです。

少なくとも、訪問者はまずキーワードを探すために、
そのブログの本記事から探していく可能性が高いです。

もちろん、そのアクセスは
それほど濃いものではないかも知れませんが、
関連性が少しでもあれば、ブログ本体の記事が
目に止まってくれる可能性はあるというわけですね。

他人の記事の一部が、訪問者を呼び込んでくれる…

こんな恩恵を受けられるのも
トラックバックのメリットの1つだと思います。

なんだか貼られたほうは、"被リンク" というメリットだけを
相手に持っていかれて、得がないようなイメージがありますが、
決してそんなことはないんですね。

ちょっと考えてみましょう。

ある商品をアフィリエイトしていて、
なんと大胆にも、自分が紹介している商品名で、
トラックバックが貼られてしまいました。

このとき、トラバされたほうは、自分が紹介している商品なのに、
他人のサイトに報酬を横取りされるような感覚に陥りがちです。

しかし、上記の特性を考えると違いますよね。

このようなケースは、された側にとって、
都合の良い理想の形だと思います。

100%は言い切れませんが、検索エンジンから来た訪問者は、
まず、あなたの本記事を目の当たりにします。

このケースの場合、その内容も、トラックバックの内容と
ほぼ、ドンピシャ!ですね。

訪問者が、トラックバックの記事へ到達すらしないことだって、
十分に考えられます。

訪問者の引いたキーワードが、
トラックバック記事内にあったものだとしたら、
トラックバックしていただいた管理者へ、
感謝しなければなりませんですね。

ま〜、このケースはあくまでも理想の条件ですが、
こういうことは意外とよくあることです。

ちなみにこのことを初めて知らされたのは、
特進アフィリエイトプロジェクトの会員専用の通信メールでした。

特進は、インスタント・ブログアフィリエイトとは違い、
どちらかというと多記事で展開するいわゆる王道的な内容です。

そして、運営者の加藤さんという方から
会員に発信されてくる通信メールの内容が
非常に濃いものがありまして、
いつも参考にしています。

濃いというか、最先端なノウハウや話が多いです。
(今度こちらもレビューしてみようかな?)


話が逸れましたが、

実は私も以前、トラックバックは、
する側にしかメリットがないと思い、
されても公開しない設定にしていた時期もありましたが、
メリットを知ってから、すぐに公開しました。

私の場合それほどたくさんは貼られていないので、
たま〜にですが、上記のようなアクセス現象が
このブログでも起こるようになりました。

しかし、トラックバックに関しては、
スパムの境界線など考え方も人それぞれ違います。

特にこのネットビジネス関連の場合、
やはり相手あってのことでもありますので、
慎重にするべきですね。

私は、このブログをはじめ、
ネットビジネス系に関しては、
トラックバックセンターへ主に送信しています。

そう考えていくと、今更ですが、
もしかしたらトラックバックセンターの運営も
意外といいのかな?なんて思う今日この頃です。

トラックバックで固められたサイトは、
検索ロボットはお好みなのか?嫌いなのか?

その前にどうやって存在をアピールするか?

考えると楽しくはなってくるのですが、
運営されたことのある方の意見も
是非お聞きしてみたいところです。

またちょっと脱線しかけましたが、締めます。

このブログへの関連性のある記事のトラックバック、

すこぶる歓迎ですので…(おい!



インターネットビジネスを考える - livedoor Blog 共通テーマ