Googleが、高い評価をするサイトってなんなのでしょうか?

これについてもここ最近学んだことですが、
あくまでも、パンダアップデート後の今現在でいうと、
サイト内容については、前記事のとおり、
ごまかしのない、きちんと内容があるサイトやブログと
いうことができるでしょう。

また、外部対策的なことでは、
サイトにたくさんのリンクが集まっていて、
また、それらが整理されていて、
発リンクされている状態のサイトは、
Googleが特に高い評価をするサイトの形、
ということです。

こういうサイトは、ハブサイトとも呼ばれ、
いろいろな情報の中継点みたいな位置付けのサイトと
いうことになります。
ただ、さらに充実したコンテンツ内容も備えているのが条件です。

ディレクトリー型の検索エンジンにたくさんの充実した内容のページ…
ヤフーなどは、その究極の典型というわけです。

だから、大手企業はここ最近、
どんどん内容を充実させた、ディレクトリー型の検索エンジンを
構築していっているのだそうです。

多くの中小の検索エンジンが、被リンク先として有効ではなくなり、
また、数も減っていっているのは、
コンテンツ内容を備えていない、ただの検索エンジンだから…
ということが考えられるそうです。

ですので、中小検索エンジンで、今だに被リンク先としても有効なサイトは、
コンテンツ内容も充実しているサイトだということです。


※伊藤虎太郎さんのSEO上位表示ツール、
タイガーウィングは、まさにそういったコンテンツ内容も、
しっかり備えているサイトをワードプレスで各自が構築し、
強固なサイトを築き、そこにリンクし合い、
被リンク先として、さらに外のサイトへもリンクさせる、
プロジェクトみたいになっています。

早い話が、タイガーウィングで作った強い中小検索エンジンを
各自が1つなり、複数なり持って、それらどおしの相互リンクと、
その他の上位表示させたい自分のサイトの被リンク先として、
機能させるイメージです。

もちろん、それをすべて身内だけで張り合って固めてしまうと、
リンクファームという、スパムの対象になってしまうので、
そうならないように、わざといくつかのリンクを外したりする工夫が、
仕組みに施されています。

↓タイガーウィングのことがわかりやすい動画です!!


ネットビジネスの大御所の多数が大絶賛!
新しい形の上位表示SEOツール"Tiger Wing"