こんにちは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます!

youtubeって、本当に毒ですよね!
1つの動画から、関連動画で次々見て行っちゃいます…
おかげ様で、道草の常連です!(いかんいかん^ ^!)

そんな、毒性満々のYoutubeですが、
そのシステムのおかげで、
自ら公開している動画の再生回数は、
毎日毎日増えていってくれます!

この関連動画というのは、
公開側としてはありがたい仕組みで、
恩恵も結構受けてます!(^ ^)

さて、実は、
Youtubeでよく検索されるキーワードは、
ホームページの場合とでは、
若干違う傾向にあります。

ま〜、動画なので、
見て楽しいと思われるものが中心ですね。

しかし、では具体的にはYoutubeでは、
どういったキーワードが多く検索されるのか?

これおわかりでしょうか?

実は調べられるページがあるんですよね。
youtube専用のキーワードツールが…

https://ads.youtube.com/keyword_tool

↑ここ知っていましたか?

これはユーチューブに広告を出す人が
参考にするためのページで、言うなれば、
GoogleキーワードツールのYoutube版と
いったところです。

検索数が少ないキーワードは数字が出ないのですが、
かなり参考にはなります。

また、世界各国の検索結果も調べられるんですよね。

つまりこの1ページだけで、
世界中の検索キーワード情報が
仕入れられるのです!(結構すげ〜!)

そこで!
もちろん検索数の多いキーワードが、
大いに参考になりますが…、

しかし、案外、突拍子もなく、
自分では決して考えつかないキーワードが、
たまに出てきたりもするんですよね。

「え〜?こんなのがそんなにたくさん検索されてんの?」

「なんじゃこのキーワードは?」

などなど、驚きの連続だったりします。

このページで、何度も何度も
思いついたキーワードを打っていくと、
よい意味でまだ精度がいまいちなおかげもあり、
お宝が結構出てきますよ。

しかし、検索件数が多いキーワードは、
数字が出ていますが、
あまり多くないと思われるキーワードは、
数字は出ていません。

でも、ここで数字の出ているキーワードだけを
参考にすればよいのか?というと、
そうでもありません。

私が実際に集客できていて、
収益にもつながっている動画のジャンルは、
結構、数字の出ていない、いわゆる、
それほど検索数が多くないキーワードだったりします。

つまり、ここに出ているものなら、
あまり数にこだわらなくてもよい、
ということが、いえると思います。

あとは、まだまだ発展途上の段階なのだと
私は認識しています。

これって、今までのネット全般の世界で言うと、
何年も前の状況ですね。

ですから、youtubeは、
まだまだこれからもチャンスなんですよね。

そういうこともありますので、
様子を見ているくらいなら、
どんなクオリティでもいいので、
とにかく今のうちにお宝キーワードを発掘したり、
お宝じゃなくてもとにかく動画を作成して、
公開していってしまいましょう。

その中でヒットするのが出てきたら、
それを中心に、同ジャンルでどんどん作ってゆけば、
相乗効果も期待できます。

また、動画は、基本的には残っていきますし、
再生回数も増えていきますので、
資産みたいな考え方で公開してゆくとよいと思いますよ。

いずれ、継続的な収入をもたらしてくれる動画に
発展する可能性も十分にあります。

まける種は、今のうちにまいておくことに
越したことはありませんので、
ぜひやることをオススメしておきます!(^ ^)


↑当記事は、メールマガジンで投稿した内容の中から
ピックアップしてブログへ掲載させていただいた記事です。
いわばバックナンバー的なものです。
(若干ブログ媒体に載せるに当たり、編集しております)