自分で作成して公開しているYoutube動画がパクられました。

「なんだと〜!?」

と以前なら、きっと著作物侵害でYoutubeへ報告したでしょう。
しかし今は、まずは、

「パクってくれてありがとう!」

なのです。
なぜなのか?その理由を今回は記載したいと思います。
 
とりあえず、自分の場合、そのような目にあったら、
まずは、ほおっておくことにします。(様子見ですが…)

なぜ、パクられて "ありがとう" なのか?
といいますと、パクられた動画の横にしっかり関連動画として、
自分のIDの動画が何かしら1つは載っているんですよね。

入口を作ってくれているのです。
つまり集客してくれている!!

もちろん、パクられていると知った瞬間は、
そんなにいい気持ちはしないのですが、
でも逆にそれぐらい多くの人が見てくれている動画だからこそ、
パクられるわけでして、

「ちょっとは有名になったもんだな」

という自己満足の誇り高き気分も同時に味わっていたり^ ^

なんてったって、おかげさまで90万越えのプレビューを
果たしている動画ですからね!
3年という、ちょっと長期での累計ではありますが…


そして、あくまでも傾向ですが、パクった側というのは、
しばらくは注目されて再生回数が上がることも多いです。

ただ、いつでも製作元から削除を要請されて消されるリスクがあるんですよね。
きっとビクビクしながらの運営ではないでしょうか??!

それで私の場合は、しばらくパクられた動画ページをチェックし続け、
自分の動画が1つもその横の関連動画に表示されなくなったり、
オリジナルより勢いを越えてしまったら、
メリットがなくなるので、その時点で報告!でしょうね。

実は今までも他にもいくつかパクられているのがあるのですが、
しかし今のところは、だいたい集客に貢献してくれているので、
そのままにしています。

なので、パクられても万歳な状況になるYoutubeって、
不思議だよな〜とつくづく感じます。
(ま〜今後はどうなるのかわかりませんが)

Youtubeのすごいと思うところは、一度注目され、
再生回数が増えると、長期に渡ってそれが安定するところです。

逆に、いつまで経っても日の目をみない動画も出てきます。
自分の場合はそういう動画のほうが多いです。

ぐっと再生数が上がるのは、10中1か2ぐらいです。
ですから、もし「やるのなら、ある程度たくさん公開して、
当たりを引くような感覚でやるといいと思います。

上級になりますが、顔出しで面白おかしいキャラでやるというのが
本当は一番安定して、再生回数も爆発するんだと思うのですけどね。
もしそれができるのなら、迷わずおもしろキャラ系をオススメいたします(笑!

自分自身はそういう系はダメですね。せいぜい入れても声だけです!