こんな時代だからネット副業で月8万以上を稼ぐ!収入倍増の秘訣

ネット副業でまずは月8万以上を稼ぐための、ノウハウやビジネスの思考などをお伝えしております。

タグ: 最適化




Googleが、高い評価をするサイトってなんなのでしょうか?

これについてもここ最近学んだことですが、
あくまでも、パンダアップデート後の今現在でいうと、
サイト内容については、前記事のとおり、
ごまかしのない、きちんと内容があるサイトやブログと
いうことができるでしょう。

また、外部対策的なことでは、
サイトにたくさんのリンクが集まっていて、
また、それらが整理されていて、
発リンクされている状態のサイトは、
Googleが特に高い評価をするサイトの形、
ということです。

こういうサイトは、ハブサイトとも呼ばれ、
いろいろな情報の中継点みたいな位置付けのサイトと
いうことになります。
ただ、さらに充実したコンテンツ内容も備えているのが条件です。

ディレクトリー型の検索エンジンにたくさんの充実した内容のページ…
ヤフーなどは、その究極の典型というわけです。

だから、大手企業はここ最近、
どんどん内容を充実させた、ディレクトリー型の検索エンジンを
構築していっているのだそうです。

多くの中小の検索エンジンが、被リンク先として有効ではなくなり、
また、数も減っていっているのは、
コンテンツ内容を備えていない、ただの検索エンジンだから…
ということが考えられるそうです。

ですので、中小検索エンジンで、今だに被リンク先としても有効なサイトは、
コンテンツ内容も充実しているサイトだということです。


※伊藤虎太郎さんのSEO上位表示ツール、
タイガーウィングは、まさにそういったコンテンツ内容も、
しっかり備えているサイトをワードプレスで各自が構築し、
強固なサイトを築き、そこにリンクし合い、
被リンク先として、さらに外のサイトへもリンクさせる、
プロジェクトみたいになっています。

早い話が、タイガーウィングで作った強い中小検索エンジンを
各自が1つなり、複数なり持って、それらどおしの相互リンクと、
その他の上位表示させたい自分のサイトの被リンク先として、
機能させるイメージです。

もちろん、それをすべて身内だけで張り合って固めてしまうと、
リンクファームという、スパムの対象になってしまうので、
そうならないように、わざといくつかのリンクを外したりする工夫が、
仕組みに施されています。

↓タイガーウィングのことがわかりやすい動画です!!


ネットビジネスの大御所の多数が大絶賛!
新しい形の上位表示SEOツール"Tiger Wing"

久しぶりの更新ですが、
Tiger Wing(タイガーウィング)SEOツールで、
ここ1ヶ月で、SEO対策を今まで作ったブログに施してきました。

そして上位表示しやすい基準というのが、
なんとなく傾向としてわかってきました。

約30ぐらのブログやHPに、被リンクを張ってみましたが、
上位表示されたものと全く反応のないものと、
いろいろ結果が違ってきました。

そしてそういった中で、まだなんとなくではありますが、
上位表示されやすいサイト・記事の傾向が
見えてきたような気がします。

これは、T.Wingの提供者、伊藤虎太郎さんも、
動画やセミナーで語っていたことですが、
結局は、自分自身でしっかり書いた、それなりに長い記事が、
上位に表示されやすいことを実感しました。

いや、実は今まで私もショップの記事をコピペしたり、
少しだけ変えたりとかいうブログも作ってきています。

でも、そういうのはやはり、フンともスンとも言わない感じですね。
(元からフンともスンとも言ってなかったブログですが…汗!)

ただ、以前オリジナル記事サービスを使っていたことがありまして、
それを使った記事は、大丈夫なものもありました。

それは元記事がおそらくあって、ライターさんがいて、
それを内容が被らないように会員一人一人向けに
提供されていると思われるサービスでした。
(利用していた自分でもそのあたりの詳細は定かではないですが…)

そうはいっても、元記事があるので、
内容が似たりよったりの記事になっていて、
会員通しでも微妙な内容の違いだと思うんですよね。

だから、記事によってムラがあるでしょうし、
結果にもムラがあったのかもしれないといったところです。

これらのことから、内部対策としての効果は
オリジナル記事で、意味もきちんとしている内容のものが、
現段階でSEO的に有利だといえるのはないでしょうか?

ちなみに、しっかり文章にはなっているけど、
何を言っているのかわからない文章、
こういうのをワードサラダと言うらしいですが、
そういう記事は、もうダメだそうですね。

パンダアップデートというGoogleが施した、
検索基準を見直す、アルゴリズムのプログラム変更によって、
今はもう、はじかれてしまうようです。

内容がきちんと通ったサイトしか、もう通用しないということで、
今まで有効だった、どうでもいいような内容のサテライトサイト戦略も、
明らかにアウトといったところでしょう。

ちなみに、被リンク(バックリンク)をたくさん張るのは今も有効ですが、
その被リンク先の品質が重要で、
この部分がGoogle的に評価するサイトであることが、
条件だそうです。

タイガーウィングは、そこをクリアーしているという前提の被リンクシステムですが、
私の場合は、一応結果として現れてきている感じがするので、
間違いはないように個人的には思います。

ちなみに、今は急にドカっとアクセスが増えているわけではなく、
じわじわ来ている感じです。

ただ、若干収益もサイトによって上がってきています。
(アドセンス貼っているサイトとかは、わかりやすい)


↓タイガーウィングのことがわかりやすい動画です!!


ネットビジネスの大御所の多数が大絶賛!
新しい形の上位表示SEOツール"Tiger Wing"



大絶賛の声が多いSEOツールのTiger Wingが、
本日いっぱいで、大幅値上げされてしまうようです。

今の価格も結構高額ですが、
さすがにここまで評判がいい状況となると、仕方がないのかな?

という感も否めないですが、
個人的にはこれ値上げしなくてもいいんじゃない?
なんて正直思ってしまいました。

だって、ユーザーが増えれば増えるほど、効果が増す仕組みになっているのですから。

あるいは、ある程度の数で抑えたほうが、効果的なのかな?
という推測もせざるを得ないです。

(そこは私のSEO知識の範囲では、よくわからないです…汗!)

ちなみに、Tiger Wingの私個人の正直な評価なのですが、
実は、効果は感じているのですが、
意図していた効果と今のところちょっと違うんですよね。

というのは、狙ったキーワードでは、
まだこれといって目立った動きがないんですよ。

ただ、意図していない、正直、自分でも気がつかない
マイナーなキーワードが結構上位に出てきていて、
それが意外にも売り上げにつながっているんですね。

そしてあまりSEOに固執しすぎないで、
興味があって知識があるナマの情報を書いているサイトに、
目覚しい動きがあります。

なので、結果オーライなのですが、
この現象で、パンダとペンギンのアップデート後に、
必要なコンテンツ作成法の方向性が見えた感じもしています。

今までのやり方で作ってきたサイトが、
片っ端から検索圏外へ落っことされているということは、
本当の意味で、内容がしっかり通ったサイト作りが
必要ということだと思うのです。

それで最初は、しっかり作れば上位に上がってくるのだけれども、
やがて、多くのサイトがそれに気がつき、
今度は良質コンテンツとしての競争がはじまると思うのですよね。

そういったときにやはり、外部からの被リンクの量がまた次に大切で、
しかも、その被リンク先の質も大切になってくると思うのです。

上記は、私の推測によるところが多いですが、
Googleが訪問者のためを優先に考えた検索結果を目指しているわけですから、
その動きは、自然ですよね!?

この質がよくて、Googleが良い評価をする被リンク先を、
みんなの力を合わせて作ってゆくのが、
Tiger Wingのコンセプトでもあると思います。

しかも、エラーの対象でもある、リンクファームという、一定のグループどおしだけで、
ガチガチにリンクを張り合っている状況にならないような工夫もされています。

そういったこともあって、
値上げはちょっと「鬼!?」とも感じましたが、
もしかしたらある意味、聖域といえるサービスを
構築したいという目的もあるのでは?

とも勝手ながら思いました!

ネットビジネスの大御所の多数が大絶賛!
新しい形の上位表示SEOツール"Tiger Wing"


本日いっぱいで値上げ!

それにしても現在アクセス集中で??サイトが重いです!

このページのトップヘ